スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3歳になったtoraco

久しぶりです。もう、忘れられてしまってるよね。
でも、toracoも僕も元気にしてます。

相変わらずの関係ですが、少しずつ少しずつ近づいてきました。

そして、あの瀕死状態、ボロボロだった ちいちゃなtoracoも
3歳になっています。

時によく食べて太り過ぎになったこともあったし、
反対に、太らせないように気を付けすぎたら
獣医さんに、減らし過ぎと注意されたり、、、駄目パパ。

でも、今はちょうどいい感じです。
気持ちちょっと、よく食べる方かなってとこですが、
その位の方が安心します。

最近は寝ていると、そばにやってきて
「早く起きて、メシ~、メシ~まだ?」と催促をするようになりました。

 そんな自己主張してくれるのも嬉しい。
 だから、たとえ僕の立場はtoracoの下僕であっても許してます。
 
 ほぼ僕以外の人間にも猫にも会ったことのないままのtoracoだけど、
 こいつなりに小さな世界でちゃんと生きています。
 
 そして、僕も特に変わったこともないけど、
 toracoと居るようになってから、規則正しい生活をするようになって
 よく寝て、よく食べるようになりました。
 最近、ヨガを始めました。
 これが意外にいい感じで楽しんでいます。ゆるく。

この度、toracoとの出会いに深く関わりのあるCatmamさんのご紹介で
 こちらのサイトon the Branketのネコパルのお仲間になり
 今週一週間、toracoの紹介の記事が載ります。
 新しい猫つながりの仲間ができるといいのですが、

 toracoはこの夏、シャンプーデビューをしてふわふわです。(動画↓)
 
[高画質で再生]

toraco 1 [画像縮小]

 
スポンサーサイト

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

tag : ネコパル ネコ toraco

あれから1年

ぼろぼろ瀕死の状態だったtoracoが僕のところにやってきたのが1年前の今日

お陰様で元気になってすくすく育ってくれたtoraco,
警戒心の塊のような仔だったのに、今は腕枕しながらTVを観る間柄

toraco 305w

僕が部屋で作業をしていると、いつもこの椅子の脚にもたれてそばにいるtoraco

その姿をみる度「幸せ」という気持ちがわかるようになった自分です。

このblogを休んでしまった間、家族のことでちょっとした心配事があった。
昔の自分だったら、暗くなってしまっていたかもしれないけど、
toracoのお陰だろうか、自分がしっかりしなくちゃと前向きになれた。

たぶん、こいつのちょっと間抜けな顔をみていると微笑まずにはいられなかったからだろう。

そして、その心配事はどうにかいい方向に向かいそうだ。きっと大丈夫。

toracoは嫌がるんだけど、こいつを触っていると気持ちが安らぐから
しつこい程に抱いてしまう今日このごろ。

きっと、こいつからしてみれば、
「しつこいオヤジ、めんどいにゃ~」なんだろう。

あんな酷い怪我をして、弱った免疫力のない体に沢山の菌をもってう□ち塗れな雑巾みたいだった
1年前のこいつ。
 よく頑張ったよな。

 君に教えられたことが沢山あったよ。 これからもよろしく頼むぜな、toraco!
toraco 303w
やっぱ、鼻でかい?

toraco 302w

絶対に自分ではできないと思っていた爪切り、もう習慣となってます。

ps
前記の日記にコメントいただいたままになってしまったことごめんなさい。




テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

抵抗

やっと2回目のワクチンを接種することができました。
生後1年目だけは年に2回、最初の1回目から1ヶ月後くらいが好ましいらしいが、
自分の都合で遅れてしまった。
でも、絶対にこれだけはしなくてはと、その分の費用代だけは別にしておいた。

そして、キャリーバックに入ると「怖いところ=病院に行く」という風に覚えてしまったら
これからが大変なので、とても心配だった。

当日の朝は、いままでにキャリーバックに入って遊ぶという訓練が役にたってくれて
割合とうまく連れていくことができました。
でも、手術のときと同様でこちらはドキドキ。何も言えないちっちゃなコイツに
何かあったらどうしよう。「許せ!」
toraco 214w
(先生にやさしく抑えられたけど、怖くて下をむいているtoracoは怖がり屋さんです)


そして、その日はどうしてもすぐに連れて帰れない、人間側の都合があって
2時間くらい、先生に預かったもらったのです。

「許せ!toraco~」


toraco 216w

そして、用事をすませて、急いで迎えにいって、無事連れて帰ってきたのですが、、、、

バックから出して、少し自由にさせていたら、ふと、振り返ったらtoracoの姿がどこにもない!??(冷や汗)

もう、パニック。「おい、toraco, どこにいるんだ?」
狭い部屋なので、みえないところなんてない。。。

まして、toracoはケージの周り以外は行かないはず。。。

ちゃんとキャリーバックに入れて連れて帰ってきたはず、、、、段々、自分自身が不安になった。
どこを探してもみえない、あのムクムクした姿。

そこに、友人がピンポーン

ドアをふいに開けられたらまずい!!!!

パニックてる自分は友人のピンポーンの催促にすら、まともに対応できないくらい

toraco?????

こんな経験って、猫と暮らしてる人はあるのかもしれない。

微かにカサっていう音が台所の棚の隙間からして、奥の方をのぞけば、そこに

あのムクムクのお尻とふさふさの尻尾がありました。

あぁ~~~
もう、、、、

これはきっと、病院に連れて行かれて、2時間も預けられたことへの
抵抗の現れでしょうか。。。。

そのお尻を押さえて捕まえて、

「ばか野郎、toracoのバカ」と抱きしめて叱ったけど。

きっとパパの方が悪かったんだと反省。

ピンポーンの友人は扉の外で待ちぼうけ。。。

まぁ、呆れられましたが、苦笑してました。

こうやって、どうもパパの方が反省することばかりの日々ですね。

でも、獣医さんも「いい感じで大丈夫」と体調を褒めてくれたので安心。

あとはダイエットだな。toraco
toraco 215w

話し相手

雪が降りました。やんだら、翌日はぱーっと晴れて暖かポカポカのはず。。。
なのに、今年の春は遠いみたい。
toracoにとっての初めての冬は寒く、春はまだのようです。

中々、暖かくならない最近。
先月は仕事が忙しくてtoracoとの時間もただ、一緒に暮らしていくだけって感じだった。
かまってやれる時間も少なく、不規則な生活時間をつきあわせる日々。

いつもなら、ご飯を食べれる時間に独りぼっちの待ちぼうけをさせたり、
トイレの時間もバタバタの朝の連続や、PCに向かって作業が続いて
顔もみてやれないときとか。

こいつはいつも僕が一緒で時々、実家に帰るときに長い留守番をするだけ
だったから、そんな状況はストレスだったと思う。
toraco 212w

抱っこして、毛づくろいして、遊びにつきあってやりたいのに
時間に追われ、疲れてしまうとできない。

自分自身がストレス。

僕のストレス解消というか、心の平静を取り戻せる時間はtoracoのぬくもりを
感じるときのようです。

暖かい、ぬくぬくした感覚。 腰の辺りのフワフワの毛に頬をつけて
ベタベタするのが日課。
toraco 201w

toracoは最近、だいぶ、僕に心を許してきてくれてるような気がする。

僕に話かけてくれるように泣くのです。

そして、僕も独り言になるようなことをtoracoに話すのです。

いつのまに僕らは話し相手となっているのだろうか。お互いに。

独り暮らしの男の思い込みだろうか(苦笑)
toracoはだた召使いにご飯を要求しているだけかもしれないけど。

人間の思いつかない次元のことをtoracoは発信してるのかもしれないけど
僕はなにか嬉しい。
toraco 209w

オリンピックのTV観戦している布団の中に入り込んで来たtoracoに
興奮しながら話かけてた自分がおかしいけど、なにか楽しかった。
toraco 211w

toracoは最近、僕が携帯電話で話はじめると、横で泣きだす。
一緒に話に参加してるつもりだろうか。
それとも、僕が自分以外と話してるのが気にいらないのだろうか。
toraco 208w









テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

帰りたい

雪やらでかなり寒い日が続いています。
どうやら、風邪気味なようでいまイチ調子がよくない自分。

でも、toracoは大丈夫そう。直接、外をみることはなくても
外気の寒さを感じるのか、よく寝ています。
toraco 133w

そんなtoracoをみていると、ついつい自分も横で寝たくなります。。。が、
そうはいかないのが、人間の生活。
toraco 134w

ちゃんと仕事しなくてはならないし、部屋も片付けなくちゃいけないし、
人つきあいもあるし。

あぁ、toracoと1日戯れてヌクヌクしていられたらなぁと思うのです。

最近、誘いの飲みがあっても、早く帰りたいのです。

もちろん、仕事で遅くならなくてはならないときもありますが、
出来れば、早く帰りたいなぁと思ってしまいます。

若い健康な男子が、いいのか!? おぃ、大丈夫か!?

遊ぶのでも、できれば自分の家の周りがいいのです。

小学生じゃないんだけど、近所ですませたいなぁと思うのです。
決して不健康な状態ではありません。

ただ、あんまり、toracoを留守番させとくことが可哀想なだけなのです。

もしかすると、toracoは僕がいなくて、のびのびしてるのかもしれない。
ただ、ご飯の時間だけ忘れなければいいって思ってるかもしれない。

そうだとしたら、かなり切ないなぁ、

でも、ともかく早く帰ってやりたくなるのだから仕方ない。

「最近、つきあい悪いんじゃない?」といわれてます。
不思議なんですが、そんなことおかまいなしなんですよね。

寒い夜道、急いで帰って扉をあけて、そこに居るtoracoをみると
外であったこと、一瞬で忘れてしまう。

「ただいま~、待ってましたか、toraco」
toraco 131w
toraco 132w

その間抜けだけどかわいい顔をみるともうすぐに抱きしめたくなる。
なんか、笑いたくなるような表情をしてるこいつ。
フワフワな毛とムクムクしたこいつのお腹に頬をつけると落ち着く。
toraco 129w
(仲良しの証拠を他人に撮ってもらったぞ!)
toracoは凄く嫌がるけど、毎日の日課だから我慢してもうらってるけどね(苦笑)

自分がこんな奴だったなんて、信じられない。
でも、こんな自分も嫌いじゃない。こういうのもいいんじゃないかと思う。変かもしれないけど。。。

きっとtoracoは「うざいにゃ~」と思ってるはず。
toraco 130w










続きを読む

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

プロフィール

toranocopapa

Author:toranocopapa
猫、初心者

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。